女性ホルモンは私たちの体を一生守ってくれています

女性ホルモンを増やす


女性ホルモンは一生のうちにティースプーンたった一杯分しか分泌されていないというのを耳にされたことはありませんか?

 

女性ホルモンは、妊娠や出産に関係しているだけではなく、女性らしいボディラインや、艶のあるお肌、ハリコシのある髪など美容と健康に欠かせない存在です。私たち女性の体はそんな極少量の女性ホルモンによって一生守られて続けています。

 

そして女性ホルモンの分泌は一定ではなく、年齢とともに変化しています。

 

20代半ばをピークに30代後半になると女性ホルモンの分泌は低下していきますが、それを遅らせることで、美しく健康的な体を維持することができますので、女性ホルモンの分泌を増やす生活習慣を送るようにしましょう。

女性ホルモンを増やすために欠かせない基本的な考え

女性ホルモンを増やす

女性ホルモンを低下させないことは若々しさや健康を保つ上で絶対に必要な要素です。そのためには、規則正しい生活を送ることが基本。そして女性ホルモンを活性化させるために絶対守ってほしい3つのことを以下にまとめました。

 

体を冷やさないこと

「冷えは万病のもと」と言うように、体を冷やすと血液循環が悪くなり、体に様々な不調をきたしてしまいます。女性ホルモンが低下すると、さらに女性の体は冷え易くなってしまうので、日頃から体温を逃がさない装いや、体の芯から温める入浴、食事といった体を温める工夫を心がけましょう。

 

体に潤いを補給する

女性ホルモンは潤いをキープする作用があります。女性ホルモンが低下してきたなと思ったら、しっかり自ら潤いを補給するようにしましょう。保湿ケアは怠らないように。

 

ストレスを溜めこまず自分を癒やす行動を

家庭のことや職場のこと、子どもや親のことなど、多忙な毎日に疲れ果てていませんか?女性ホルモンが低下すると、体だけでなく精神的にも不安定になりがちです。ストレスを溜めない、頑張りすぎないよう、リラックスできる音楽を聴いたり、アロマを焚いたりし自分に癒やしを与えるようにしましょう。

 

人気の女性ホルモンサプリをご紹介

 
LUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントの特徴

女性ホルモンサプリ

  • 2016年モンドセレクション金賞受賞
  • プエラリアはタイのカセサート大学と提携し正規品を使用
  • 体のリズムによって、2種類のサプリを飲みわける特徴を持つ
  • 体のリズムを整えるだけでなく、女性に嬉しいバストアップ効果も期待できる
LUNA(ルーナ)は美ボディを作ることはもとより、女性特有の毎月起こるホルモンバランスを整えることに着目し開発された女性ホルモンサプリです。

エストロゲンが増加する時期を卵胞期といいますがLUNAではきらきら期と呼んでいます。

その「きらきら期」にはプエラリア・ミリフィカを主としたサプリ、プロゲステロンが優位に働く黄体期をLUNAではまったり期といいますが、黄体期にはワイルドヤムとチェストツリーを主としたサプリ。

この2種類のサプリを飲みわける特徴をもっているのがこのLUNA(ルーナ)ハーバルサプリメントです。

価格 通常9,698円
評価 評価5
備考 毎月先着200名限定初回特別1,980円(3回継続約束・送料無料・90日間返金保証付)
 
 
ベルタプエラリアの特徴

女性ホルモンサプリ

  • プエラリアはタイ国認定AAAランクの純正100%
  • プエラリア配合量が1日400rと高配合
  • 2015年モンドセレクション金賞受賞
  • 雑誌掲載多数、モデルや芸能人も愛用者多
ベルタプエラリアは飲み分け不要。バストアップ狙いで購入する人が多く、また効果に対する評判も高い。

プエラリア配合サプリの中では1日400rと高配合であるものの、副作用といったネガティブ情報が比較的少なく、有名人も多く使用している。

女性ホルモンを増やしたい方にはうってつけの商品です。

価格 通常9,980円
評価 評価4.5
備考 ベルタプエラリア定期便パックなら初回ベルタアップジェル、バストアップガイドも付いて14,960円が6,980円
 

下記の項目であてはまる数が多い方は女性ホルモンの力が弱まっている可能性が!

女性ホルモンを増やす

生活習慣面

  • 濃い味が好き
  • 朝食は食べない
  • インスタント食品やファーストフードを利用することが多い
  • 食事時間はまばらだ
  • 食事制限のダイエットをしている、またはしていた
  • 運動はあまりしない
  • パソコン作業や同じ姿勢を長くつづけることが多い
  • 湯船につからずシャワーで済ます
  • 睡眠時間は6時間だ
  • 寝起きが悪く、朝はなかなか起きれない
  • 喫煙をする
  • 毎日お酒を飲む
  • コーヒーや紅茶などカフェイン飲料を1日5杯以上飲む

精神面

  • イライラすることが多い
  • 几帳面と言われる
  • 責任感が強いと思う
  • 夢中になれるものを持っていない
  • ささいなことにくよくよしたり、憂鬱になる
  • 相談相手が身近にいない
  • 笑うことが減った
  • 人間関係に悩んでいる
  • 涙もろくなった
  • 何事にも意欲がわかなくなった
  • 不安に思っていることや不満に思っていることを人に言うことができない
  • 他人からの評価が気になる
  • 判断力が低下していたと思う
  • 固有名詞がすんなり出てこなくなった
  • 人と話すと汗をかいたり、体がほてる

お肌や体のコンディション面

  • すぐ疲れるようになった
  • 顔がほてる
  • 生理が一定周期でこない
  • 肩がこる
  • 手足が冷たい
  • 太っている
  • 便通が悪い
  • 頻繁に尿意を感じる
  • 肌がカサカサ
  • しわが多くなった
  • 肌のくすみやシミが気になる
  • 白髪が増えた
  • 髪のハリ、コシがなくなった
  • 目がかすむ
  • 爪がもろい
  • 口が渇く

 

以前は感じなかったという方で、5個以上当てはまる方は、確実に女性ホルモンの力が弱くなってきているので対策が必要です。

女性の若々しさや美貌は2つの女性ホルモンがカギを握る

女性ホルモンを増やす

ホルモンは体の中で分泌される化学物質のことで、なんと100種類以上ものホルモンが体の様々な組織や器官をに影響を与えています。その中でも女性の体に大きく関与しているのが女性ホルモンです。

 

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの2種類あり、卵巣から分泌されています。

 

これらの女性ホルモンは
●毎月の体のリズムを作って、妊娠や出産のための環境を整える。
●お肌や髪のハリ、潤いを保つ。
●骨粗鬆や動脈硬化を防止する。
など、女性の健康と美に大きく貢献してくれています。女性ホルモンによって、女性の体は守られているといっても過言ではありません。

 

女性ホルモンのは、大量に分泌されればいいかというと、そうではなく、特に妊娠したときなど、新しい生命を育むため母胎を安静にさせるため活発に動けなくなるようにする働きもします。

 

毎月の生理周期による体調の変化もその一つです。

 

女性は、女性ホルモンによって活動を拘束されることもあるので、それも含めて「コントロールされている」といっても良いでしょう。

 

ただただ、女性ホルモンの分泌が増えれば良いのではなく大切なのは、その人の年齢に適したバランスの良い分泌です。女性ホルモンのバランスが崩れると体調も崩れやすくなるため、エストロゲンとプロゲステロン、この2つの女性ホルモンのバランスをキープしながら、そのパワーをなるべく維持していく方法を考えていきましょうね。

 

2つの女性ホルモンエストロゲンとプロゲステロンの主な働きについて

エストロゲンとプロゲステロンはバランスを取りながら働いており、私たちが「良い者」と思いがちなエストロゲンは健康と美を維持する働きが大きいのは事実ですが、実は乳がんや子宮頸がんのリスクを高めてしまう作用もあるのはあまり知られていません。大切なのはプロゲステロンと一緒に分泌されることです。プロゲステロンはエストロゲンと共に分泌されることでエストロゲンの悪い作用を抑制する働きがあります。

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)

女性らしい、美しさを引き出し、気持ちも前向きに

  • 子宮内膜を厚くする
  • 女性らしいボディラインをつくる
  • コラーゲンの生成をサポートし、肌や髪のハリや潤いをキープする
  • 子宮頸管の分泌液を増加させる
  • 骨密度を保つ
  • コレステロールをコントロールして動脈硬化を防止する
  • 代謝を良くする
  • メンタルを安定させる
  • 脳を活性化させ、記憶力や集中力の低下を防止する

プロゲステロン(黄体ホルモン)

妊娠維持に大活躍するも、気分は沈みがちに

  • 受精卵を着床させるため子宮内膜を整える
  • 妊娠の継続をサポートする
  • 乳腺を発達させる
  • 基礎体温を上げる
  • 食欲を増やす
  • 体内の水分量をキープする

女性ホルモン分泌量は30代後半から低下する

女性ホルモンを増やす

女性ホルモンは年齢とともに分泌量が変化します。

 

生まれてからしばらくは、男女の体型に大きな差は見られません。その頃は、女性ホルモンの分泌量はわずかです。

 

女性ホルモンの分泌が高まる年齢は10〜18歳で、いわゆる思春期と呼ばれている時期です。ホルモンの変化により情緒不安定になりがちな時期です。その後45歳頃までは女性ホルモンの分泌量は安定しています。

 

ただし、女性ホルモンの分泌は20代後半から30代前半をピークに、30代後半からは徐々に低下していきます。

 

そのため、30代後半から肌が乾燥したり、疲れが取れないなど、以前よりも不調を感じやすくなります。

 

特に閉経前後の45歳〜55歳には急激に女性ホルモンの分泌量が減り、その急激な変化に心身が伴わず、日常生活に支障をきたすほどの体調不良にさいなまれる人もいます。

 

これが更年期障害と言われています。

 

でもホルモンが安定して、体が順応してくれば、ツライ不調も改善されていきます。

女性ホルモンの分泌が低下する更年期に現れる変化

女性ホルモンを増やす

日本人の平均閉経年齢は51歳で、その前後併せて10年間を更年期と呼びます。

 

更年期は女性ホルモンの分泌量が急激に減るため、心身が不安定になります。親の介護や子どもの自立など、ライフスタイルにも変化が出てくるため、ますます心身の疲労がたまりやすくなります。

 

更年期にみられる主な症状

メンタル面

  • 不眠
  • 情緒不安定
  • 気力が出ない
  • 集中力がなくなる
  • 忘れっぽくなる

フィジカル面

  • 生理不順
  • 顔がほてったり、多量の汗をかく
  • 冷える
  • だるい
  • 動悸や息切れ
  • めまいや耳鳴り
  • 血圧が変化する
  • 肩が凝りやすくなる
  • 関節が痛い
  • 運動していないのに筋肉痛
  • 肌が乾燥する
  • 抜け毛が増える
  • 頻尿や尿漏れが起こる
  • 膣が痒くなる
  • 太りやすくなる

 

辛さの度合いは人それぞれですが、更年期を過ぎれば、心身の不調も自然と安定してきます。

女性ホルモンはストレスに弱い

女性ホルモンを増やす

更年期でもないのに、体調が優れない人も中にはいます。

 

女性ホルモンの分泌が減少してきているといっても、まだ十分に分泌されているのにもかかわらず「めまい」や「ほてり」など、まるで更年期のような不調に見舞われ、病院に行って検査をしておホルモン値は正常範囲以内で、この不調はどうしたものか?と原因不明に悩んでいる人も少なくありません。

 

その場合、毎月必ず来る女性ホルモンのアップダウンに疲れてしまっている可能性があります。

 

30代後半になると体力は若かったころよりも低下してきているのに、家事や仕事、育児などは忙しい時期で疲れが取れないまま毎日を過ごしている人が多いのです。

 

まずは、しっかり寝て体を休ませましょう。

 

多忙さにかまけて、食事や運動をないがしろにせず、やがて来る更年期に備える必要があります。

 

ストレスとホルモンは密接な関係にあり、長期間ストレスにさらされると自律神経がやられてしまう原因になります。

 

自律神経が乱れると、自律神経をコントロールしている脳の視床下部までやられてしまいます。視床下部は女性ホルモン分泌の司令塔であり、司令塔がうまく機能しないと女性ホルモンの分泌も乱れてしまうのです。

女性ホルモンエストロゲンの分泌量をキープできている人は若々しい

女性ホルモンを増やす

女性ホルモンの分泌が閉経後にゼロになるかというとそうではありません。

 

エストロゲン分泌量は血液検査で知ることができるのですが、閉経前多いときには3桁の数値があり、閉経後には2桁になります。

 

個人差はありますが、20〜30pg/ml程度の分泌をキープすることも可能であり、若々しい人というのはこのエストロゲン分泌量がしっかり保てている人に多く見られます。

 

女性ホルモンは視床下部が司令塔となり、卵巣から分泌されます。

 

年齢を重ねても若々しく見える人は、若いうちから規則正しい生活習慣を心がけ、卵巣の老化を遅らせているのです。

 

卵巣の老化を遅らせたいなら守りたい5箇条

  • たばこは吸わない
  • 無理なダイエットはしない
  • 運動は適度にする
  • ストレスをうまく発散してためこまない
  • 睡眠時間をしっかりとる