男性ホルモンが多い人はニキビができやすい

女性ホルモン

普段しっかり洗顔やスキンケアをしているのに、あごを中心にニキビができやすくて困っているという女性は少なくありません。

 

若い頃はTゾーンなどを中心に汗腺が多い部分にニキビができやすい特徴がありましたが、あごに出来やすいのは男性ホルモンが増えてしまっていることが原因だといわれています。

 

男性ホルモンというと女性には関係ないと思っている方は多いのですが、女性も男性ホルモンは分泌されています。

 

生理前になると女性の体は黄体ホルモンと同時に男性ホルモンも分泌されるのでニキビができやすくなる傾向にあります。

 

また睡眠不足や肉中心の食生活、ストレス、睡眠不足など不規則な生活習慣を送ってしまうのも、男性ホルモンが多く分泌される原因となりますので、生活習慣を見直すことや新陳代謝を促して肌を綺麗にするお手入れを心がけることによって、ニキビができにくい美しい素肌を手に入れることができるようになる特徴があります。

女性ホルモンとお肌の関係について

年齢を重ねると肌質が変わってくると感じる方は多いです。

 

加齢による肌質の変化で一番わかりやすいのが、皮膚の潤いが不足し乾燥しやすくなったり、ふっくらとした弾力が失われてしまうことです。

 

これは加齢によって女性ホルモンの量が低下すると、肌が乾燥しやすくなり皮膚の角質層が壊れてしまうので、菌が繁殖しやすくなる為です。

 

このように肌のコンディションが低下した状態だと、雑菌が入り込みやすくなりニキビなど肌トラブルの原因となってしまうのです。

 

このようなことから、女性ホルモンを少しでもカバーするためにも女性ホルモンと同じ働きをするエストロゲンなどを多く含むプエラリアやイソフラボンなどが配合されている美容サプリメントなどを定期的に飲むなど、不足しがちな女性ホルモンを補うお手入れを行う女性も増えてきています。

 

>>女性ホルモン力アップにおすすめのサプリメントはこちら

 

女性ホルモンを補うことだけではなく、普段の生活習慣を見直すこともとても重要になってきますので注意が必要です。

女性ホルモンを増やす事でニキビを減らすことができるのか?

皮膚のコンディションを健康な状態で維持するためには、女性ホルモンは密接な関係になってきます。

 

特に30代以降は女性にとって体のホルモンバランスが崩れやすくなる傾向にありますので、不足しがちな女性ホルモンを補うなら美容サプリメントや食生活を見直す事が大切ですし、皮膚が乾燥しないように保湿ケアが充分に行えるスキンケア化粧品に切り替えるようにする事も重要な要素の1つとなります。

 

女性ホルモンが低下することによって、皮膚の潤いを維持してくれるコラーゲンやセラミドの生成量が減ってしまう事で、皮膚が乾燥し小じわやほうれい線など老けた印象に見られてしまう皮膚トラブルの原因となってしまうので、体調を見ながらこまめに保湿ケアを心がけるようにしましょう。

 

特に生理期間前は黄体ホルモンが増えることで、若い世代の女性でもニキビができやすくなりますので、デリケートな皮膚に刺激を与えないようにスキンケアを行うことも必要です。

この記事もよく読まれています♪