プロゲステロンが多く分泌されることで太る

女性ホルモン

 

女性ホルモンには2種類あり、エストロゲンとプロゲステロンに分かれています。

 

女性ホルモンを想像した時に思いつくのがエストロゲンの方で、別名美人ホルモンと呼ばれています。

 

2つの女性ホルモンは生理周期によって区分されており、生理開始の頃から排卵までに多く分泌されているのがエストロゲン、排卵日から生理開始までに多く分泌されているのがプロゲステロンになります。

 

エストロゲンは女性らしさを促してくれるホルモンであり、エストロゲンが多く分泌されることによって肌や髪の状態が向上したり、精神的にも活発になれると言われています。更年期障害はこのエストロゲンが減少することによって起こると言われるぐらい、若さを保つ為のホルモンと言えるでしょう。

 

逆に、プロゲステロンは別名黄体ホルモンと言われ、排卵した後に残る卵胞が黄体に変化して分泌されることによって、この名前が付けられています。プロゲステロンが多く分泌されている期間は、肌の調子が悪くなったり、精神的にもイライラしてしまうことが増えるでしょう。

 

また、人によっては下腹部痛や腰痛、頭痛などに悩まされることもあるようです。生理前になると不快な症状が良く出る人は、プロゲステロンが分泌されることによって引き起こされている可能性が高いでしょう。

 

女性ホルモンが増えることによって太ると聞いたことがある人も多いかもしれません。その原因になっているのは、2つのホルモンのうちプロゲステロンが原因で起こると言われています。

 

プロゲステロンは妊娠ホルモンとも呼ばれ、妊娠中に増えるホルモンでもあります。

 

妊娠に備える為に、水分を体に貯めこもうとする働きや、皮下脂肪を増やす働きがあります。

 

排卵後から生理開始までの間でもいつもより体が重く感じたり、中には体重に大きく変化が出る人もいるようです。この時期に太るのは上記の理由によって引き起こされている為なのです。プロゲステロンが多く分泌されている時にはダイエットをしても効果が出にくいと言われている為、あまり無理をしないようにしましょう。

 

女性ホルモンが増えることで太るのではなく、プロゲステロンが多く分泌されることによって太るのです。

 

女性ホルモンは2つのホルモンのバランスが大切であり、どちらかが優位に立ってしまうと様々な不調を感じるようになります。人によっては生活が困難になるぐらいの不調を感じることもある為、どちらかが優位になりすぎないようにバランスを保ちましょう。

 

ダイエットを望んでいる女性は、生理開始から排卵までの間に行うことが良いとされていますが、生理中は体調が悪くなってしまうこともありますので、終わりかけ頃からダイエットに励むと効果が出やすいでしょう。逆に、排卵後からは休むことが大切です。自分の体のサイクルを知り、太りやすいタイミングや痩せやすいタイミングを把握することがダイエット成功のカギになります。

 

あなたにオススメの記事♪