男性よりも女性に多く見られる頭痛

女性ホルモンサプリ

 

頭痛の症状で悩んでいると言えば男性よりも女性の方が多いと言われていますが、その理由としては一体どんなことがあるのでしょうか。

 

そもそも統計によると頭痛の男女比は1:4となっており、男性に比べると4倍の女性が頭痛に悩まされていることになります。

 

もちろん一言で頭痛と言っても人によって症状が起こる原因は様々であり、さらに頻度や痛みの強さなどの状態によって、軽度か重度かというのも分かれます。

 

加えて頭痛の中にも色々なタイプがあり、ヘルメットをかぶったように頭の全体が痛くなるという緊張型頭痛の他に、一般的に女性が発症しやすいとされている片頭痛と言われるタイプのものがあります。

 

緊張型頭痛の場合、男女関係なく子供でも発症します。

 

その原因として、肩こりや姿勢の悪さなどの身体的ストレスからくる場合と、仕事や人間関係のストレスなどの精神的ストレスが影響して起こる場合があると言われています。

 

続いて片頭痛について見ていきましょう。

 

片頭痛は、「偏頭痛」と表記されていることもありますが、これにはどのような違いがあるのか気になるところです。

 

また、なぜ男性に比べて女性の方が頭痛持ちが多いのかという点についても詳しく学んでいくことにしましょう。

主に片頭痛と偏頭痛に別れる

女性ホルモンサプリ

 

片頭痛と偏頭痛の違いについて言われていることとして、漢字の表記の違いという説もありますが、医学用語では「片」を使用する方が正式名称とされているのに対し、辞書やワープロ、パソコンの変換の場合には「偏」の字が先に挙がってくることから、実はただ「片」と「偏」の表記がごちゃごちゃになってしまっただけという可能性が高いようです。

 

片頭痛という表記が医学的には正式名称ですが、片一方だけが痛むという意味の字が当てられているものの、実は片方だけでなく4か所に痛みが出ることもあります。

 

さらに片頭痛と偏頭痛には緊張型頭痛のようなはっきりとした違いはないとされています。

 

偏頭痛が起こる原因として考えられているのは、ストレスなどと言われています。

 

しかし、実は現段階でははっきりした原因はわかっていません。

 

もちろん、睡眠不足や過労によって男性でも頭痛を発症することもありますが、男性と比較して女性の方が発症率が高いことから、女性ホルモンと大きく関係していることは確かなようです。

 

頭痛が起こる前兆としては、普段はそこまで気にならない車の騒音や蛍光灯の光が気になるようになったり、目の前がチカチカして両端が白っぽく見えてきたりするなどの症状がある人が多いです。

偏頭痛と女性ホルモンの関係そして対処法

では、片頭痛がどのように女性ホルモンと関係しているのか、また片頭痛の症状が出た際の対処法について考えてみましょう。

 

片頭痛と女性ホルモンの関係については、そのホルモンの乱れが大きく関係していると言われています。

 

生理が始まる前から生理中の期間に発症することが多いことから、ストレスや月経周期によって女性ホルモンであるエストロゲンが大きく変化することで頭痛に発展するのではないかという仮説があります。

 

女性ホルモンの乱れによる頭痛であれば、ホルモンバランスが安定すれば落ち着くのは確かですが、それまで痛みに耐えているのはつらいという人も多いことでしょう。

 

痛みが出た場合には、とにかく安静にしているのが一番です。

 

こめかみ付近が痛みだすと人によっては数日続くこともあり、立っていられないくらいの痛みに発展することもあります。そのような場合には、光や刺激の少ない室内で、安静に過ごしているのが症状を和らげる一番です。

 

痛みがつらい場合にはひと眠りしたり、それができない場合には椅子で目をつぶって休んでいるだけでも効果的です。

 

その他には、頭痛は血管が拡張することが原因とも言われていますので、患部を少し冷たいタオルや保冷剤で冷やすのも良いとされています。
すぐに市販の鎮痛剤に頼るのではなく、自分なりに対応を工夫してみましょう。

この記事もよく読まれています♪