ホットフラッシュは女性ホルモンの減少が原因で起こります

女性ホルモン

 

突然、上半身だけが熱くなったり、急に顔からたくさんの汗が出る「ホットフラッシュ」は、更年期に現れる典型的な症状です。寝ている間の汗がすごくて、朝までに何回も着替えるという人もいるほどです。

 

これらのトラブルは、女性ホルモンが減ることで自律神経が乱れ、体温調節する血管の収縮、拡張が上手に働かなくなって起こります。

 

上半身は熱くほてっているのに、下半身は冷えている「冷えのぼせ」という状態になることもあります。

 

ストレスにより症状を悪化させてしまうこともあります

 

自律神経はストレスによって乱れやすいため、ストレスの多い人はより症状が悪化しやすい傾向にあります。

 

人前で大量の汗をかいたことがトラウマとなり、人前に出ることができなくなるといった、精神的なトラブルを抱えている人もいます。

 

更年期特有のほてりやのぼせ、大量の汗はHRT(ホルモン補充療法)で改善させることが可能なので、悩ましい症状がある場合は婦人科を受診しましょう。

 

もしまだ若いのに、これらの症状がある場合は、生活習慣の乱れにより卵巣機能が低下していることが考えられます。そのほか、甲状腺機能亢進症や高血圧症、心臓疾患などの病気が要因となって、のぼせや多汗が起きていることもあります。

日頃から体を冷やさず温めて血行を良くすることに意識して

実はのぼせも冷えの一種です。顔が熱いからと、冷たいものを飲んだりすると逆効果。体を冷やしてはいけません。

 

お風呂にゆっくり浸かって体を温め、体が温もる食事をし、レッグウォーマーなどで特に足を冷やさないようにすることです。

 

顔汗がひどいからと、運動をしない生活はよくありません。

 

汗をかかない生活は汗腺機能を低下させてしまい、休むことのない顔や脇の下などの汗腺からばかり汗が出てきてしまいます。

 

顔からだけでなく、全身の汗腺から汗が出るように、日頃から汗腺機能を鍛えましょう。

この記事もよく読まれています♪