女性に多く見られる肩こりは酷くなると頭痛や吐き気も伴います

女性ホルモンサプリ

肩こりは若い頃から悩まされているという人も多いと思いますが、女性ホルモンが低下する更年期には知覚過敏になるためさらに辛く感じる人が多いようです。

 

冷えたり目が疲れたり、ストレスが増えると筋肉が緊張することが多くなるので肩こりも原因になったりします。

 

酷くなると頭痛や吐き気につながるので早めにケアしてあげましょう。

デスクワークが多い人は要注意

長時間のデスクワークは頭を前にさげた状態が続き、首に負担がかかりやすくなり、首がこると猫背になりやすくなります。猫背は全身の血行を悪くし肩こりも招きやすくなるので要注意です。

 

デスクワーク時の理想的な姿勢は、背筋をまっすぐ伸ばし、顎を少し引いた状態です。

 

さらに、こまめに首を回したり方を回したりし、肩こりが酷くなるのを防ぎましょう。

 

また、夏でもオフィスの中はガンガンに冷房が入っているという環境下にいるかたも多いのではないでしょうか?

 

冷えは、筋肉を緊張させてしまい、血行悪化につながります。

 

夏でも体を冷やさないように、カーディガンなどを羽織り、肩を温めましょう。

 

肩甲骨の間にカイロを張って温まると血行が良くなるのでオススメです。

肩こり解消セルフケア

肩甲骨を寄せる

背中の後ろで両手を組み、肩甲骨を寄せるように後ろに引っ張り、ゆっくりと上に上げる。

前腕を回す

右手で左の前腕をつかみ左腕をくるくる回す。そうすることで腕の付け根が緩み、肩がゆるんで肩こり解消につながる。
右の肩を緩ませたいときはその反対。

鎖骨を指で押す

首を支えている斜角筋はこりやすい部分の一つです。鎖骨のくぼみを指で押して、肩の前側も刺激すると血流が良くなります。

首のこりを解消するツボ「亜門」

肩こりの原因になる首のこりは、亜門というツボを押すことで緩和されます。

 

自分で探してもわかりやすいツボなので是非覚えて日頃から気づいたら押してあげてください。

 

亜門の場所は、首の後ろの髪の毛の生え際2本の太い筋の真ん中でへこんでいるところです。

 

そこを上からまっすぐ押してあげたり、指二本で開くように押してあげましょう。

この記事もよく読まれています♪