ピルには排卵を止めて卵巣を休ませる働きがあります

女性ホルモンサプリ

ピルはエストロゲンとプロゲステロン両方の女性ホルモンを合わせ薬です。

 

脳に卵巣が働いていると勘違いさせて休ませる働きがあります。一般的によく使われている低用量ピルは元をたどれば避妊薬として使われた薬で飲み忘れることがなければ、ほぼ確実に避妊が可能です。

 

また、ホルモンバランスを安定させることは、避妊効果以外にもたくさんの効果を得ることができます。更年期前のホルモンバランスの変化による心身の不調の改善に効果があります。

 

ピルの種類

ピルには含まれる女性ホルモンの割合によって2種類にわけられます。

  • 21日間、エストロゲンとプロゲステロンの割合がずっと同じである一相性ピル
  • 21日間に、エストロゲンとプロゲステロンの割合が3段階に変化する段階型ピル。こちらの方が体に優しいと言われていますが、服用する順番を守らないと効果を得ることができないのが特徴です。

 

ピルの服用方法

  • 21日間毎日1錠服用して7日間は服用を休める21錠タイプ
  • 21日間毎日1錠服用し、7日間はプラセボを1錠づつ服用する28錠タイプ

 

ピルを服用することで得られる効果

  • 月経困難症、生理前症候群(PMS)の改善
  • 生理周期の調整
  • 経血量が減少することによる貧血の改善
  • 肌荒れ、ニキビ、多毛の改善
  • 子宮内膜症の改善
  • 骨粗鬆症予防
  • 卵巣がん、子宮体がん予防

ピルの服用による副作用

ピルの代表的な副作用は吐き気、頭痛、不正出血、おっぱいの張りや痛み、むくみなどで、これらはピルの飲み始めに多い症状です。ほとんどの場合、薬が体に慣れることですぐにおさまります。まれに血栓症を引き起こしてしまうこともあるので、何か気になることがあればすぐ主治医に相談してください。

 

また、ピルの服用に注意が必要な人もおり、喫煙習慣がある人で35歳以上の人などは服用不可です。

 

ピルの服用を考えたい場合、お医者様の処方が必要なため、まずは婦人科などで診てもらいましょう。

 

 

この記事もよく読まれています♪