メノエイドコンビパッチとは

女性ホルモン

メノエイドコンビパッチとは、女性ホルモンを補う薬であり更年期障害に関する治療に使われます。

 

更年期の症状を抑えます。

 

メノエイドコンビパッチを使って期待できる効果

更年期に伴う不快な症状を軽減します。更年期障害は加齢に伴い、女性ホルモンが急激に減少することです。

 

不快な更年期障害の症状の中にはホットフラッシュと呼ばれる、のぼせやほてりの症状のあれこれにも効果を発揮してくれます。卵巣摘出後のほてりにも効果があります。

メノエイドコンビパッチの特徴

二つの種類の女性ホルモンが配合されていることです。

 

この女性ホルモンは、更年期障害を改善するうえで欠かせません。また、経皮を通して吸収することも大きな特徴の一つです。

 

配合されている女性ホルモンのうちの一つが卵黄ホルモンの薬となるエストラジオール、もう一つが黄体ホルモンの薬となるノルエチステロンです。黄体ホルモンを配合することで、子宮内膜への影響が軽減されます。

 

そんな、メノエイドコンビパッチは、更年期障害の治療の貼り薬として初の複合された薬です。

メノエイドコンビパッチの使い方

大人は1回で1枚使います。

 

貼る場所は通常下腹部です。貼った後は週に2回貼りかえることも忘れてはいけません。貼る時には部位を清潔にしておく必要があります。汗や水分も綺麗にふき取りましょう。肌の弱い人は毎回、メノエイドコンビパッチを貼る場所を変えることが望ましいです。

 

同じ場所に貼ってしまうと皮膚がかぶれてしまう恐れがあります。もし貼りかえる前にはがれてしまった時には、貼りなおすか新しいものを使います。

メノエイドコンビパッチの副作用

かゆみや肌の赤みです。他にもおりものが気になるようになったり、乳房痛や下腹部が痛くなる事が稀にあります。よく驚かれる副作用としては生理がくる予定日ではない時に出血することがあります。

 

他にも吐き気や嘔吐がみられることがあります。このような副作用が出た時には、医師に相談する必要があります。

 

通常であればこれらの副作用は数か月で見られなくなりますので、医師と相談の上で続ける必要があります。副作用が出たからすぐに中止するというわけではありませんが、その中でも最も注意すべきなのが重大な症状が出る場合です。

 

代表的なものが血栓症で血液が固まり、血管が詰まってしまいます。

 

体の様々な部位に現れるため、普段から注意深く自分の体の状態を把握しておくことが大切です。症状が出る前触れとしては手足がしびれたり、息切れするようになった時です。

 

またメノエイドコンビパッチを使い続けることによって乳がんになる確率が若干上がる傾向があります。

 

このようなリスクとメリットの両方を考えなければいけません。

メノエイドコンビパッチを処方される人

更年期障害の症状に悩まされている人です。不足した女性ホルモンは、ホットフラッシュや不快な症状を引き起こすため、これらを改善する必要があると医師が判断した人に処方されます。

 

また卵巣摘出に伴うほてりや発汗に悩まされている人にも処方される場合があります。

 

どちらも女性ホルモンが不足していますので、補う必要があります。

メノエイドコンビパッチはどこで処方してもらえるのか

メノエイドコンビパッチは病院で処方してもらえます。

 

医師が女性ホルモンの不足により更年期障害や、卵巣摘出による症状に必要であると判断した場合のみです。

 

診察では他に持病のある人は医師にあらかじめ伝えておかなければなりません。

 

特にアレルギーを持っている人や、血栓症の人は必ず伝えることが大切です。また、妊娠中の人は処方してもらうことが出来ません。長期に使う事が想定される時には、信頼出来る医師とよく相談して処方してもらうようにしましょう。

 

メノエイドコンビパッチは基本的には病院だけでしか購入出来ません。

 

メノエイドコンビパッチは女性ホルモン減少に伴う不快な症状を感じている女性にとって強い味方になるものです。経口薬ではなく貼ることで経皮からの吸収を目的としているので体への負担が少なくなります。

 

このような便利な薬はやはり医師に処方してもらう必要がありますので、病院を診察後、出してもらうといった流れになります。

 

薬局や通販では、売られていません。その点は普段から注意しておくべきでしょう。また、病院以外では効果が同じようなものが売られていることもありますが、病院に行ったほうが確実に効果がありますので、医師に相談してみましょう。

この記事もよく読まれています♪