女性ホルモンを増やす食事の秘密

忙しい毎日の中で、ついついおろそかにしてしまいがちな食事。

 

でも、体に入れたものが私たちの力のエンジンとなります。

 

女性ホルモンにおいても同じ。

 

何をどう食べるかははとても大切です。

 

基本は量より質。

 

そして、朝・昼・晩と規則正しい3回の食事を摂ることです。

女性ホルモンを増やす食生活について記事一覧

多種類の食品をバランス良く食べる彩りよく献立を考えると自然と色々な種類の食品を摂れる内容の食事になります。1回の食事で無理だとしても2〜3日を通じて同じ食事内容にならないように心がけましょう。3回の食事はなるべく同じ時間に食事の時間や回数、量が日のよってバラバラにならないように、できるだけ同じ時間帯に食べる。また夕食は寝る3時間前までには済ませましょう。食後すぐに寝ると胃腸に負担がかかり、睡眠の質...

漢方では、腎には生命力が蓄積されていて、それが減少していくことで老化すると考えられています。なので漢方では腎の力を保つことが若さを失わないことにつながります。体を成長させる働きをする腎は、ホルモンの分泌にも大きく関与しています。生殖機能の一部である卵巣も腎として考えられます。そのため女性ホルモンの状態を良好にするためにも腎は重要です。腎の働きが良くなることでホルモンバランスが整い、髪や肌の艶、骨の...

大豆イソフラボンは大豆の胚芽に多く含有しており、女性ホルモンのエストロゲンと構造がよく似ています。そのため植物性エストロゲンと呼ばれ、エストロゲンと似た作用があります。エストロゲンの減少で引き起こされる様々な不快症状の軽減にも有効的で、エストロゲンが急激に減り始める更年期の女性にとっても強い味方です。また、カルシウム代謝をサポートし骨粗鬆症の予防効果も期待できます。最近ではエストロゲン依存性の乳が...

今まさに空前のサプリメントブームといっても過言ではないほど、様々な種類のサプリメントが続々と発売されています。美容、健康にうれしい効果が期待できるサプリメントですが、あくまでも規則正しい生活がベース。サプリメントを飲んでるから大丈夫と勘違いしてしまわないようにしましょう。それでは、女性ホルモンが低下気味な方の強い味方となるサプリメントの成分についてご紹介していきたいと思います。大豆イソフラボンエス...

体を温めるには、当然のことながら冷たいものの摂りすぎには注意しましょう。特に夏は気温が高いため、冷たい食べ物ばかり摂りがちです。ナスやトマトなどの夏野菜は体を冷やす働きがあるため食べ過ぎは注意です。逆に冬野菜に多い根菜類は体を温める働きがあるため積極的に食べると良いでしょう。若い人に多いケースですがはダイエットによる栄養不足は十分なエネルギーが作ることができず体を温められません。過度な食事制限はし...

恋をすると女性は綺麗になる、耳にしたことがないという人はいないと思います。これは嘘や噂ではなく、科学的根拠に基づいた言葉です。恋愛や、異性に対してときめくと、女性ホルモンのエストロゲンを活性化し、肌に潤いやハリを与えます。さらに脳内伝達物質のセロトニンやドーパミンも分泌されます。セロトニンは別名「幸せホルモン」とも言われ、感情をコントロールし心地良い充足感を感じることができます。またドーパミンは別...