女性ホルモンのエストロゲンとよく似た働きをする大豆イソフラボンを食べよう

女性ホルモンサプリ

 

大豆イソフラボンは大豆の胚芽に多く含有しており、女性ホルモンのエストロゲンと構造がよく似ています。そのため植物性エストロゲンと呼ばれ、エストロゲンと似た作用があります。

 

エストロゲンの減少で引き起こされる様々な不快症状の軽減にも有効的で、エストロゲンが急激に減り始める更年期の女性にとっても強い味方です。

 

また、カルシウム代謝をサポートし骨粗鬆症の予防効果も期待できます。最近ではエストロゲン依存性の乳がんリスクを軽減させるとも考えられ、研究が進められています。

 

大豆イソフラボンに期待できる効果とは

  • コレステロール値の改善
  • 体脂肪の低下
  • 骨粗鬆症予防
  • 血行を良くして血圧改善
  • 肌にハリや潤いを与える
  • 更年期特有の不快症状を軽減
  • 月経不順の改善
  • 乳がんリスクの低下

 

大豆イソフラボンを含む大豆製品

きなこ/豆腐/高野豆腐/油揚げ/おから/豆乳/味噌/醤油/納豆/煮豆etc...

 

最近では大豆イソフラボンを強化したサプリメントや特保食品が販売されています。手軽に食品よりも大量の大豆イソフラボンを補えますが、摂りすぎは逆にホルモンバランスを崩してしまいますので過剰摂取はやめましょう。

 

ちなみに、大豆イソフラボンが体内に入ると、腸内で糖が切り離され、大豆イソフラボンアグリコンという形で吸収されます。

 

糖が結合した状態での大豆イソフラボン1rはアグリコンになおすと約0.625rです。

 

特定保健用食品などではこの大豆イソフラボンアグリコンは1日30rが摂取目安量とされ、アグリコンの量で決められています。

この記事もよく読まれています♪