若さと健康をキープする食事の仕方

女性ホルモンサプリ

 

多種類の食品をバランス良く食べる

彩りよく献立を考えると自然と色々な種類の食品を摂れる内容の食事になります。1回の食事で無理だとしても2〜3日を通じて同じ食事内容にならないように心がけましょう。

 

3回の食事はなるべく同じ時間に

食事の時間や回数、量が日のよってバラバラにならないように、できるだけ同じ時間帯に食べる。また夕食は寝る3時間前までには済ませましょう。食後すぐに寝ると胃腸に負担がかかり、睡眠の質が落ち気味になります。睡眠の質が悪くなるとホルモン分泌にも悪影響。肥満にもつながりやすくなります。

 

会話を楽しみながら食べる

楽しく食事をすることはストレス解消や、脳の活性化にもなるので、家族や誰かと食事をする機会を作りましょう。

 

炭水化物は控えめにする

加齢とともに代謝が落ち、太りやすくなるため、炭水化物の摂りすぎには注意しましょう。

 

若い頃は、ある日には食べ放題で満腹まで食べる、ある日には絶食するなど、気ままに食事を摂ってても体調に悪影響がなかったとしても年齢を重ねるとリズムが狂いすぐ胃腸や肌にトラブルが出てきます。

 

体のリズムを整えるために、食事も同じ時間帯に同じ量、質の良い内容を心がけましょう。

ストレスがたまったときにどか食いしてしまう・・・

ストレスがたまるとすぐに食べ過ぎてしまい、自分でコントロールできなくなる。よく耳にする話ですね。

 

これは、ストレスによって起こる、脳内神経伝達物質セロトニン不足がげ関わっているのではと言われています。

 

食欲を我慢するのが難しい場合、寒天やこんにゃくゼリーなど低カロリーのものにしたりして、工夫をしましょう。

 

ストレスを溜めないようにすることはもとより、セロトニンを増やす日光浴やウォーキング、動物とのふれあいなども有効的です。

この記事もよく読まれています♪