女性ホルモンが多い男の特徴

女性ホルモン

 

男性でも女性ホルモンの方が多い場合、どのような特徴が現れるのでしょうか。それは性格はもちろんのこと見た目にも現れる部分があります。

 

見た目に現れる特徴

まずは筋肉量が少なく細身の体系の男性が多くなります。そもそも筋肉は男性ホルモンが司る部分ですので、男性ホルモンが少なく女性ホルモンが多いと筋肉が少なくひょろっとした体形になります。

 

見た目的には他にも体毛が薄い事や、肌や髪の毛に艶がある事、胸や腰回り、太ももに脂肪が多くメリハリのあるボディも特徴の一つです。

 

内面性に現れる特徴

性格的には穏やかで争いごとを好まない傾向にありますので、周りの人と対立する事が少ないです。周りと対立することを嫌いますが、それゆえに出世欲がないのも特徴になります。また、話をする事が得意で、おしゃべりになる特徴があります。

 

他にも鬱になりやすかったり、決断力が低く優柔不断になりやすい傾向もありますが、周りに対する気配りが上手な一面もあります。

 

見た目や性格以外にも特徴があり、アレルギー体質になりやすい特徴があります。というのも女性ホルモンはアレルギー反応を強める作用がある為、女性ホルモンが多い男性は花粉症や喘息などのアレルギーにかかりやすい傾向にあります。

 

そんな女性ホルモンが多い男性ですが、見分け方としては薬指よりも人差し指の方が長くなります。逆に男性ホルモンが強い場合には薬指の方が人差し指よりも長くなります。

男性ホルモンが多い男の特徴

男性ホルモンが多い場合にも見た目や性格など、様々な部分に特徴が現れます。

 

外見上の特徴

まず見た目は筋肉質で骨格などもごつごつとした印象で、女性のようなメリハリのある体つきとは異なり、全体的に体脂肪がつきにくい特徴があります。

 

他にも髭や腕、すね毛などの体毛が濃くなる傾向がありますが、ただし頭髪だけは女性ホルモンが司っている為、薄くなりやすい傾向にあります。

 

内面的な特徴

性格に現れる特徴ですが、闘争心や冒険心が強く出世欲も強い傾向にありますが、それゆえに周りと対立する事も多く喧嘩になりやすい特徴があります。また決断力や判断力もある為、行動力が高い特徴があります。

 

他には気持ちを高揚させて気分を落ち着かせることができる為、鬱になりにくい傾向があります。精神的に強い印象を受ける傾向がありますが、反対に周りに対する思いやりにかける傾向があるのも男性ホルモンが強い人の特徴です。

 

恋愛に関しては相手をリードしてくれますが、亭主関白になりやすかったり、浮気をしやすいといった傾向にあります。

 

また、テストステロンは幼児期から思春期前までのアレルギー症状を抑える働きがありますので、アトピー性皮膚炎や食物アレルギー、花粉症などのアレルギーにかかりにくい特徴があります。

近頃は、女性ホルモン多めの男性がモテるって本当?

女性ホルモン

 

女性にモテる人と言えば筋肉がしっかりと付いていて、行動力や決断力もある人というイメージがありますが、それで言えば男性ホルモンが強い人の方がモテるという事になります。しかし、近年は女性ホルモンが強い人の方がモテると言われています。

 

確かに見た目的に筋肉がしっかりと付いていて、行動力と決断力がある方がモテるかもしれませんが、一方で相手を思いやる気持ちに欠けていたり、喧嘩になりやすかったり、さらには浮気をしやすい傾向にある為、付き合うとトラブルになりやすいのも確かです。

 

その点、女性ホルモンが強い人は繊細な性格の為、相手に対する気遣いや思いやりの気持ちも強く、女性を傷つけるようなことをしません。ですので、浮気はもちろんのこと、喧嘩になりにくい傾向がありますので、一度付き合うと長続きする傾向にあります。

 

また、見た目的にも、確かに筋肉量は少ないものの肌や髪の毛も艶があり、綺麗な見た目をしていますので、清潔感を感じるという特徴があります。

 

このように女性ホルモンが強い人は中々恋愛に発展しにくい傾向にありますが、一度付き合えば良好な関係を築きやすいという事で、近年はそのような人を恋愛対象として見ている女性は多いようです。

男が女性ホルモンを増やす方法

近年は女性ホルモンが強い人の方がモテるという事を聞くと、多くの男性は女性ホルモンの分泌量を増やしたいと思うかと思いますが、では、どのように分泌量を増やすことができるか見ていきましょう。

 

アロマで分泌量を増やす方法

アロマは分泌量を増やすには効果的ですので、特に効果が高いアロマをお伝えします。まずクラリセージですが、これは女性ホルモンと似た働きをする成分が含まれている為、匂いを嗅ぐだけで分泌量を増やすことができます。またゼラニウムやネロリも分泌量を増やすアロマとして効果があります。

 

食べ物で分泌量を増やす方法

食べ物で増やす方法ですが、最も効果的なのが大豆製品です。というのも大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをする成分ですので、積極的に摂取すれば分泌量を増やすことができます。同じくザクロも似た働きをしますので効果があります。

 

サプリメントで分泌量を増やす方法

食べ物によって分泌量を増やすことができるという事は、当然その成分を配合したサプリメントが発売されています。先ほどお伝えした大豆イソフラボンやザクロを配合したサプリメントがありますので、そのサプリメントを飲めば確実に分泌量を増やすことができます。

 

>>おすすめの女性ホルモンサプリはこちら

 

以上が男性でも効果的に女性ホルモンの分泌量を増やす方法ですので、自分が継続しやすい方法を選ぶと良いでしょう。